真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

マクマスター米大統領補佐官「武力衝突にどんどん近づいていく。あまり時間は残されていない」

いよいよか

北朝鮮情勢で今は混沌としたような状態ですが、しかしまだ予断は全く許されていないです。ここから何か動き出すのでしょうか?それともただの威嚇行動なのでしょうか?一時も目が離せません。

マクマスター米大統領補佐官「武力衝突にどんどん近づいていく。あまり時間は残されていない」

マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)は2日、核・ミサイル開発を進める北朝鮮の金正恩政権が「米国と世界にとって最大の差し迫った脅威」であり、問題を早急に解決しなければ武力衝突に「どんどん近づいていく。あまり時間は残されていない」と強い危機感を示した。

西部カリフォルニア州で開かれた安全保障に関する会合で語った。
「ミサイルを発射し核実験をするたびに成功でも失敗でも技術が上がっていく。そしてわれわれへの脅威が増す」と指摘した。

一方、韓国で多くの人命が犠牲にならずに済む軍事攻撃オプションは存在しないと強調、国際社会が一致して北朝鮮に強い経済的圧力をかける必要性を訴えた。

特に中国に対し、国連安全保障理事会決議に基づく制裁以上の圧力をかけるよう要求。
そうすることが「ますます中国の利益になる」と語った。

2017.12.3 11:12
引用産経新聞

動画

関連記事

米太平洋軍、複数の北朝鮮攻撃計画をトランプ大統領に提示 ポンペオCIA長官「やるなら早いほうがいい」





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク