真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

米中首脳共同記者発表でまたも習主席が「米中で太平洋を二分割」を持ち出す 河野太郎外相は不快感

テレビが報じない情報

まだ森友学園や加計学園でメディアは大騒ぎしていますがそれよりも国民に伝えるべき重要なニュースがあると思う人は少なくないと思いますが今日お伝えするのはそのような情報です。習近平国家主席がアメリカと中国で太平洋には受け入れる十分な空間があるというような発言をしており河野太郎外相は不快感を示しています。

河野太郎外相、習近平主席の「米中で太平洋二分」発言に不快感「中国は太平洋と接していない」

河野太郎外相は10日、中国の習近平国家主席が9日のトランプ米大統領との共同記者発表で「太平洋には中国と米国を受け入れる十分な空間がある」と発言したことについて「中国は太平洋と接していない」と不快感を示した。BS朝日の番組収録で述べた。

 習氏の発言は、太平洋の東を米国、西を中国が管理し、太平洋を米中で二分しようとする中国側の膨張政策を念頭に置いたものとみられる。中国が太平洋に進出するには、東シナ海か日本海を経由する必要があり、太平洋への出口に覆いかぶさる日本列島が中国にとっては海洋進出の障害となっている。

 河野氏はこうしたことを念頭に「太平洋と接しているのは日本だ。米中で太平洋をうんぬんということにはならない」と中国を牽制(けんせい)した。
引用:産経ニュース

米中首脳の記者会見要旨

【北京時事】トランプ米大統領と習近平・中国国家主席が9日、北京での首脳会談後に行った共同記者会見の要旨は次の通り。
【トランプ大統領】
 一、第19回共産党大会の成功について習主席にお祝いを言いたい。われわれはこれまで以上に両国関係を強化する機会を得た。
 一、われわれは北朝鮮の完全な非核化への取り組みについて協議した。過去の失敗したアプローチを繰り返さないことで合意した。
 一、北朝鮮に関するすべての国連安保理決議を完全に履行し、北朝鮮が向こう見ずで危険な道を放棄するまで経済的圧力を強める必要があるとの認識で一致した。
 一、すべての国が団結して、残忍な北朝鮮に対する兵器や資金の供給、貿易をやめなければならない。
 一、アフガニスタンの平和的な未来に向けて取り組むことで合意した。テロリストは人類すべてにとっての脅威であり、われわれはイスラム過激主義を阻止する。
 一、中国との活気があり、公平で互恵的な貿易関係を望む。長年続く貿易不均衡の解決に向けた具体的措置について話し合った。米企業の中国市場参入を阻む規制などの問題も含まれる。
【習主席】
 一、第19回共産党大会で確定した中国の発展方針を紹介し、大国の協調と協力を推進すると強調した。
 一、両国の共同利益は多く、責任は重く、協力の余地は大きいと確認した。協力が唯一の正しい選択だ。
 一、両国の共同利益は対立点よりはるかに大きい。相手の主権や領土、発展手法などの違いを尊重すべきだ。大統領に「太平洋は十分に広く、中米両国を受け入れられる」と伝えた。
 一、両国は、朝鮮半島の非核化実現に向け、国連安保理決議の全面的かつ厳格な執行を継続すると同時に、対話による問題解決に努力する。
 一、両国は2500億ドル以上の貿易契約・投資協定に署名した。中国は今回、市場参入規制の緩和措置を発表した。
 一、両軍参謀部による初対話の年内開催と、災害救援の合同演習を行うことを決めた。
引用:時事通信

関連動画





  • このエントリーをはてなブックマークに追加