真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

室井佑月がテレ朝の小松アナに『ダブルスタンダード』と指摘され激怒「本気でムカつく!私が不倫について言うわけない!」

なぜか激怒

反安倍勢力として左翼発言の多い室井氏ですが今回はなぜか自分で以前に発言していたのに言っていないとか言いながら激怒するという意味不明なことをやっており、それを小松アナが喝破しています。

 室井佑月「本気でムカつく」アナウンサー発言に怒り

作家でタレントの室井佑月(47)が、自身に対する某アナウンサーの発言に「本気でムカつく!」と怒りをあらわにした。
室井は8日放送のTOKYO MX「バラいろダンディ」に出演。過去に同番組で不倫疑惑の議員に関して発言した内容が誤解され、「あるアナウンサーの人から『ダブルスタンダード』だって批判された」という。

 室井によると、そのアナウンサーは、不倫した過去がある室井が不倫疑惑の議員を批判したとして「二枚舌」などと皮肉ったという。

 しかし室井は「私が不倫について言うわけない。私、それ(不倫)から発展して子どもまで産んでるんだからさ」と否定。アナウンサーの名前は明かさなかったが、「頭きてさ、訴えてやろうかと思った。本気でムカつく! アイツ、あのアナウンサー、まだもうちょっと調子こいたら……」と収まらない怒りをぶちまけた。
引用:Yahoo!ニュース

関連動画


関連記事

山尾氏騒動にダブルスタンダード続出 宮崎氏ゲス不倫疑惑では叩き、こちらは“擁護”って…

W不倫疑惑で民進党を離党した山尾志桜里元政調会長(43)をめぐり、擁護や同情論を唱えるコメンテーターも少なくない。意見を表明するのは自由だが、過去の与党議員の似たような不祥事には手厳しい意見を述べていた例もある。識者は「中立的立場を放棄する姿勢は、言論活動を行う資格がない」と指摘している。

作家の室井佑月氏(47)はTBS系の情報番組「ひるおび!」で7日、山尾氏について「私はやっぱり、仕事ができる人のほうがいいわけだから、仕事をきちんとしてたら(いいので)下半身の事情よりも仕事をどれだけやって…、ここで終わりになっちゃうのはもったいないと感じる」などと発言した。

一方、タレントとの不倫が報じられ、議員辞職した宮崎謙介元衆院議員については昨年2月のTOKYO MXのバラエディ番組「バラいろダンディ」で、「税金で給与もらってる。私の財布からお金取っていってるのに不倫している」と述べていた。

待機児童問題で名を挙げ、自らも幼い子供を抱える山尾氏と、イクメンを売りにしていた宮崎氏がそれぞれ不倫疑惑を報じられており、共通点も多いはずなのだが、識者によってはトーンが違う発言も見受けられる。

毎日新聞社取締役でジャーナリストの小川一氏は今月5日、自身のツイッターで「山尾志桜里氏の幹事長交代。(中略)こういうスキャンダルで政治や政局が動くのは残念です」と投稿した。

しかし、宮崎氏の不倫問題については昨年2月、〈自民党は議員の資質を欠くような人物を国会に送り込んだことを深く反省すべきだ〉との毎日新聞社説について「『そうだ!』と思わず声の出る社説です」とツイートしていた。
引用:zakzak





  • このエントリーをはてなブックマークに追加