真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

[韓国]李明博が金大中のノーベル賞取り消し工作をしていたことが判明!!

李明博とは

あまり名前を知らない人がいるかもしれないですがこの人は反日的な思想が強く、天皇陛下に対しても韓国に謝れなど非常に失礼な発言もしています。彼を知っている人で彼のことを快く思っていない人は結構いるのではないでしょうか。彼を見ていると江沢民や李承晩を思い出します。

李 明博(イ・ミョンバク、이명박、1941年12月19日 – )は、日本の大阪府大阪市平野区出身の韓国の政治家。第17代大統領、ソウル特別市長を歴任。本貫は慶州李氏(韓国語版)。号は一松(イルソン、일송)。生誕時および1945年までの日本での通名は月山 明博(つきやま あきひろ)
概要[編集]
現代建設社長、国会議員(ハンナラ党)などの要職を歴任した。
2002年、ソウル特別市市長に就任し、都市改造政策等を行った。
2007年12月19日施行の大統領選挙に出馬し、対立候補を大差で破り当選した。
2008年2月25日、第17代大韓民国大統領に就任し、5年間の政権を正式に発足させた。
2013年2月24日に第17代大韓民国大統領を任期満了で退任。
李明博 WIkipedia

いわゆる韓国の大統領です。彼は李承晩のように強固な反日姿勢を政治に見せていた政治家です。

金大中とは

金 大中(キム・デジュン、韓国語:김대중、1925年12月3日[1] – 2009年8月18日)は、大韓民国の政治家、第15代大統領(在任:1998年 – 2003年)。本貫は金海金氏。号は「後廣」(フグァン、후광)。日本名は豊田大中( 1924年- 1945年)。ニックネームは「忍冬草」。略称は「DJ」。カトリック教徒で、洗礼名は「トマス・モア」。立命館大学第37号名誉博士。
Wikipeida 金大中

彼はどちらかというと親日派でしたが韓国国内の状況によって親日派までの政治はしておらず潜在的な親日派ということでしょう。

李明博政府、金大中のノーベル賞の取り消し工作の状況…政界「一斉糾弾」

[マネートゥデイ オギョンヒ記者]

[パクチウォン「天罰を受けるべきこと」…キムホンゴル「そういうことをしそうな人だ」]

李明博政府当時の国家情報院が、金大中元大統領のノーベル賞の取り消しを推進していたという報道と関連して、政界が糾弾の声を高めている。
パクチウォン元国民の党代表は、「李明博元大統領を今すぐに拘束捜査しなければならない」と主張した。

パクチウォン元代表は8日、自身のフェイスブックを使用してこのように述べて、「金大中のノーベル平和賞取り消し謀議は天罰を受けて当然ことであり、これを積弊清算しなければ、李承晩政府の日帝清算の失敗よりも大きな歴史の後退だ」と強調した。

この日、検察によると、ソウル中央地検国家情報院専任捜査チームは、国家情報院心理戦団の職員が、ある保守性向の団体幹部と送受信したメールを解析し、かれらは金大中元大統領の逝去後、ノーベル賞の取り消しのため、ノルウェーのノーベル委員会に請願書を送る案などを相談していたという事実を確認した。

検察はそれと共に、当時インターネットコミュニティを通じて、金大中元大統領の支援のおかげで北朝鮮の核が完成したとして、ノーベル平和賞ではなく物理学賞を受けなければならないと嘲笑する合成写真が流布された件についても、国家情報院の介入の可能性を考えていると伝えられた。

共に民主党もすぐに非難の声を高めた。
民主党はこの日の午後のスポークスマンブリーフィングを通じて、「李明博政府の国家情報院は、ひたすら政治報復のみに必死だったということが明らかになった」とし「検察は徹底した捜査を介し、腐るだけ腐った李明博と朴槿恵政権の国家情報院の惨状を、そのまま国民に報告しなければならない」と主張した。

金大中元大統領の三男のキムホンゴル民主党国民統合委員長も、自身のフェイスブックを通じて「そのようなとんでもない工作があっただなんて想像していなかったが、ロビーを通じて受けた平和賞だ」とそ「ずっと卑劣な政治攻勢をしていた人なので、そういうこともしそうな人だという気がする」と批判した。
韓国ニュース

左派と右派の争い

これは左派と右派との争いとみていいでしょう。金大中は左派、李明博は右派です。今の韓国は左派政権のために右派を引きずり降ろそうと必死なのです。ムンジェイン政府が李明博の過去を糾弾してるのって、李明博が過去にやっていたことと結局は同じことなわけです。
政治報復の政治報復でしかないです。左右関係なく、日本の引き摺り下ろし工作は切れ目なく行われております。過去にさかのぼって対抗勢力の引き摺り下ろし工作をするのは、韓国の習性なのかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加