真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

トランプの政策によりアメリカで不法滞在している韓国人1万人が追放の危機に!?

反グローバリズム旋風

トランプが大統領になってからトランプは反グローバリズム的な政策を多く実施しています。アメリカでは新自由主義とグローバリズムが行き過ぎて貧富の差がとてもあるためトランプに期待して支持する人が少なくなくても不思議ではないです。

韓国人社会を襲った「DACA廃止」後遺症…追放命令が出るかと思って青年たちハラハラ

6ヶ月の猶予にため息回したが、ほとんど在留期限いくらアンナムア
米国で廃止反対デモ… 連邦上院代替立法の動きも

◆米国で活躍する韓国人◆

米国ドナルド・トランプ政府がダッカ(DACA・青年不法滞在者を追放猶予)プログラムの廃止を宣言し在米韓国人青年1万人が追放の危機に置かれた。

2012年オバマ政府がダッカプログラムを導入して以来、恩恵を受けた不法滞在者2歳の青年は、約85万人に達している。 在米韓国人のための非営利団体KAC(Korean American Coalition)によると、このうち韓国出身は約1万人と推算される。

ダッカプログラムが施行された2012年1月15日基準のみ31歳未満であれば、誰でも追放猶予の申請が可能だった。 合法的滞在が保証されている2年間は就職が可能な許可証を発行受け滞在期間は延長する増やすことができた。 しかし、ジェフセッションス法務長官がダッカプログラムを違憲だと主張し、不法移民がアメリカ人の雇用を奪うことの理由で廃止を宣言した。 AFP通信によると、ダッカプログラム適用者85万人のうち20万人は、今年末在留期限が終了される。 27万5000人、来年、残りは遅くとも2019年8月までに在留期限が終わる。 これらのすべての残りの期間まで、米国内合法滞在が可能ですが、追加の延長が不可能である。

ダッカプログラム廃止に滞在許可が延長されない場合、もはや米国で合法的に働くことができない。 すぐに追放命令が落ちるは未知数だが、理論的には、いつでも追放が可能な状態である。 国土安全保障省は、一度前科がある不法滞在者を対象に、まず追放措置を下している。

米国政府が混乱を減らすためにダッカプログラム廃止猶予期間に設定した次の6ヶ月が変数だ。 ディックダービン民主党上院議員とリンジーグラハム共和党上院議員は、ダッカプログラムを代わる新たな法案を発議すると出た。 ワシントンDC、コロラド、ニューヨーク、イリノイ州など、全米でダッカプログラム廃止に反対するデモが行われている。 KACも最近トランプ大統領のダッカプログラム廃止決定に抗議する声明を発表し、「アメリカ人85万人に対する人道的措置を覆す行為について、連邦議会が最後まで戦うためにしてほしい」と訴えた。
韓国ニュースサイト

引用はGoogle翻訳で翻訳したために少し読みにくくて理解できない部分もあるかもしれないですがご了承を。

日本でも不法移民には厳格な対処を

日本でも不法滞在をしている韓国人はいると思います。韓国人だけに限らず他の人種の人たちにも厳しくしていくべきだと思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加