真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

おわび行脚の山尾氏、自らの交際疑惑にはだんまりの“二重基準”…ブーメラン批判

自分に優しく他人に厳しく

山尾志桜里議員は、自民党や安倍政権にはかなり厳しいですが自分には非常に優しい人物です。この人は東大出身なのですが勉強はかなりできるのかもしれませんが社会というのを全く理解していません。はっきりいって勉強だけできる無能でしょう。こんな人を支持している小林よしのりもどうかと思いますが。

おわび行脚の山尾氏、自らの交際疑惑にはだんまりの二重基準 ブーメラン批判

既婚男性との交際疑惑で民進党を離れ、無所属で衆院選への立候補を表明した同党元政調会長、山尾志桜里氏(43)。22日、離党後初めて地元の愛知7区入りして以降、おわび行脚に奔走している。かつて同様の不祥事を起こした自民議員を舌鋒(ぜっぽう)鋭く追及し、待機児童問題などでも声高に政権批判を繰り広げてきたが、自らの疑惑には口をつぐむ二重基準があらわに。自身に跳ね返った「説明責任」が重くのしかかる厳しい選挙戦になる。(桑村朋)

引き続き安倍政権と正面から対峙(たいじ)させてほしい」。22日、地元・愛知7区入りした山尾氏は愛知県尾張旭市や瀬戸市で開いた支援者集会でこう訴え、無所属での立候補を表明した。「頑張れ」「負けるな」との声が飛ぶと目を潤ませ、言葉を詰まらせる場面もあった。

 山尾氏は平成21年に初当選。昨年、ブログの「保育園落ちた日本死ね」の言葉を国会で取り上げ、待機児童問題の追及で注目されたが、週刊誌に今月7日、既婚男性の弁護士との交際疑惑を報じられた。内定していた党幹事長への起用が見送られ、8日に離党した。

集会では、「誤解されても仕方ないが、男女関係は一切ない」と疑惑を否定。騒動を謝罪し、「政治家としてゼロからやり直したい。私という政治家の10年間の通信簿をつけていただきたい」と力を込めた。

山尾氏といえば思い出されるのが、昨年2月、妻が妊娠中に女性タレントとの交際が発覚した宮崎謙介・前衆院議員(自民)への“口撃”。「涙目で潔くすれば男の美学みたいなところに違和感がある」などと厳しく批判した。

 だが自らの疑惑発覚後、離党の記者会見で報道陣の質問に応じず、約2週間、公の場にほぼ姿をみせなかった。地元入り後の取材でも質問をのらりくらりとかわし、説明責任を果たしたとは言い難い状況だ。

 有権者の目にはどう映っているのか。

 支援者の男性会社員(60)は「脇は甘かったが説明に嘘はない。あんな頭のいい政治家を失うのは日本の損失だ」と擁護。一方、2児の母の無職女性(31)は「追及される側になると歯切れが悪い。地元での説明が遅く、内容も不十分。このままでは応援できない」と手厳しい。

民進党は山尾氏に「刺客」は立てない考えだが、連合愛知が推薦を見送るなど後ろ盾のない戦いになる。ある地元関係者は「女性票が離れている。ダメージは想像以上だ」と焦りを隠さない。

 対抗馬で、前回は比例復活の自民現職、鈴木淳司氏(59)の陣営は「相手の疑惑をどうこう言うつもりはない。実績を訴え、挑戦者としてやるべきことをやる」と話している。
産経ニュース

山尾氏の何がいいのか

最初に述べた通りに自分には優しくて他人には厳しいという人物が政治家などに向いているとは思えません。こんな政治家に政治を任せられるとは思えません。民進党はこんなダメな人材しかおらずつぶれるのはもう時間の問題だとしか言わざるを得ない。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加