真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

清義明氏が正論!「世界核戦争の危機を唱えてアメリカの核配備に反対していた大江健三郎やらは、北朝鮮に対して黙りこくっている」

清義明氏が正論

清義明‏ @masterlow
ついこの間まで、世界核戦争の危機を唱えてアメリカの核配備に反対していた大江健三郎やらなんじゃらは、北朝鮮に対して黙りこくっているというのは、やっぱりあの時代の反核運動はイデオロギーにすぎなかったというのを証明しすぎてすごいわな

まさに清義明氏のいう通りであり正論だと思います。Twitter上でも共感する人が多数みられました。

Twitterでの反応

大江健三郎はご都合平和主義者

大江健三郎はまさにご都合平和主義だと言わざるを得ないでしょう。大江健三郎はソ連や中国、北朝鮮を平和国家だと思っております。アメリカと日本などには猛烈に批判しますが中国やソ連、北朝鮮の核には言及しませんでした。そのため彼の平和主義というのは左翼というイデオロギーに縛られているてきちんとした物事を判断できない人物でしょう。それかわかっていてあえてソ連や中国や北朝鮮を批判していなかったのかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加