真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

北のミサイル発射で韓国の文在寅大統領が空爆訓練開始!?

北朝鮮のミサイル発射

北朝鮮のミサイル発射で不安を抱いたりおびえながら過ごしている人は少なくないのではないかと思います。緊迫した半島状況ですが隣国の韓国も動きだしたそうです。

文大統領、軍に対北爆撃訓練を指示

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は29日午前、北朝鮮による中距離弾道ミサイル発射をめぐり、「強力な対北膺懲能力をアピールせよ」と軍に指示した、と大統領(青瓦台)の尹永燦(ユン・ヨンチャン)国民疎通首席秘書官が語った。

 これを受け、軍は北朝鮮によるミサイル発射からおよそ3時間20分後の午前9時20分、空軍の戦闘機F15K4機を出撃させ、爆弾(MK84)8発を江原道太白市の必勝射撃場に投下する訓練を実施した。これは北朝鮮の主な拠点に対する砲撃訓練だ。

 これに先立ち、鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長主宰の国家安全保障会議(NSC)常任委員会では「国際社会による厳しい警告にもかかわらず、北朝鮮が再び弾道ミサイルを発射し、国際連合安全保障理事会決議に違反したことを強く糾弾する。今回の北朝鮮による挑発は非常に厳重なものと判断し、さらなる挑発の可能性に徹底して備え、厳しい警戒態勢を維持する」とした。

 文在寅大統領による対北砲撃訓練指示は、こうしたNSC常任委員会会議の結果によるものだ。
朝鮮日報

韓国も軍事行動を始めたようです。日本も安全保障を十分に考えて軍事的な対処も考えていかなければなりません。軍事だけに頼る外交はだめですがあまりにも弱腰はよくないことだと思います。

日本もミサイル防止のために防衛を真剣に考えていかなければならないときが来たのではないでしょうか。

もしものために

まんがいちのための対処法もやはり真剣に考えないといけないと思います。例えば水を買っておくなり非常食を買ってなりです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加