真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

中国が資源荒らし。エクアドルが中国に経済水域付近で希少サメ乱獲で抗議!?

周辺隣国ともめる中国

中国は日本とでは尖閣諸島問題でもめていますが、東南アジアなどでも乱獲などをしており最近だとインドネシアが中国の船を爆破させていることが記憶に新しいのではないかと思われます。エクアドルとでは今回中国がエクアドルの経済水域に侵入して今日サメを乱獲したことでエクアドル側が抗議したようです。

エクアドルが抗議

南米エクアドルの世界遺産ガラパゴス諸島沖の海洋保護区で今月、希少なサメなど約300トンを積んだ中国船が拿捕される事件があり、エクアドルが中国政府に抗議する事態に発展した。エクアドルの排他的経済水域(EEZ)付近では中国の大漁船団の操業が確認され、エクアドル側は「海洋資源荒らし」に警戒を強めている。

現地からの報道によると、中国船は今月13日夜、ガラパゴス諸島東端に位置するサンクリストバル島の東約64キロ沖で拿捕された。船倉からは国際自然保護連合(IUCN)の絶滅危惧種リスト(レッドリスト)に掲載されているシュモクザメを含むサメ約6620匹が見つかった。

エクアドル外務省は18日、同国駐在の中国大使を呼び抗議。モレノ大統領は21日、国民向け演説で「これはガラパゴス諸島の生態系のみならず、地球全体への犯罪だ」と非難した。(共同)
引用:産経ニュース

最後に

最近いろいろと中国は周辺隣国などともめているようですが、エクアドルとももめてしまったようです。エクアドルが勝手に経済水域でしかも希少サメを乱獲されたらさすがに怒って抗議するのは仕方がないことでしょう。

もう中国はあまり周辺国などに迷惑行為をすることは国際関係を考えるとやめてもらいたいです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加