真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

[韓国]「仏像返せ!」対馬の観音寺前住職が激白!!


また韓国が関わってくる記事ですが最近韓国内でも色々と騒動があるのでまた紹介していこうと思います。以前対馬の観音寺住職が激白しており、彼自身も韓国は信じられない国であると言っています。どのようなことをやっても相手が日本なら許されるような異次元の世界が隣国にはあると激白しており彼自身もかなりびっくりしていることでしょう。彼自身内心ではかなり怒り狂っていることだと思います。私も当事者だったら相当頭には来るだろうと思います。

異次元の発想

 --韓国が盗んだ仏像を返そうとしません。韓国窃盗団と政府、裁判所の対応をどのように考えますか

 「常人では考えられない異次元の発想です。腹立たしいというより、あまりにも…。開いた口がふさがらない。唖然呆然です」

 《田中前住職は昭和60年4月から平成16年5月まで約19年間、観音寺の住職を務めた。引退後の24年に仏像盗難被害に遭遇した》

 --韓国政府に対し、仏像を浮石寺に引き渡すよう命じた大田地裁の判決にも驚かれたでしょう

 「そもそも、盗んだものを元の持ち主に返すということは常識。この4年で常識を超越した韓国人の発想方法が分かってきました。韓国の憲法前文にも、建国の精神として反日、抗日があるという。反日・抗日が国是の国であるうえに、その反日思想を支持する民衆の意見というものが基本的に大いに尊重される。判決も、大衆迎合。結局、日本に逆らう、日本が嫌がることは何でも正義だということが底辺にあるから、仏像を返さない判決の論理は、韓国では何でもないことなのだと、最近思うようになりました」

 《盗難事件の翌年、韓国警察は韓国人窃盗団5人を拘束、韓国内で仏像を回収した。同時期に盗み出された海神神社の国指定重要文化財「銅造如来坐像」は所有権を主張する者がおらず、文化財不法輸出入等禁止条約によって日本側に返還された》

 --日本を出し抜き、おとしめ、苦しめて留飲を下げるという発想ですね。韓国では声高に「愛国者」を自称する人々によく見られます

 「日韓併合、倭寇、秀吉…時代や歴史上の事実経緯とは無関係に、そんなものを超越して時間も空間もごちゃまぜにして全部日本が悪いという考え方です。歴史観もごちゃまぜ。だから、『仏像は昨日、倭寇が盗んでいった』みたいなことを現在の文脈の中で、いまの時代に起きたことのようにさらりと言ってのけることもできるんでしょう」

産経新聞

この産経新聞の記事のようにやはりとても怒っています。最近では慰安婦が始球式をやったりと衝撃なことも行われています。韓国人教授も苦言をしています。日韓関係はどんどん悪化していくことはいがめないことでしょう。日本がいくら謝ろうとしてももう無意味です。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加