真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

維新の会足立氏「民進党批判してから中国のスパムメールが増加」と発言

衆院議員に対する中国からのスパムメール攻撃が本格化していることを受けて、足立康史議員が民進党とスパムメール攻撃を関連つける興味深い体験談を発言しました。

衆院議員が公務で使うメールアドレス宛てに13日以降、中国語のスパム(迷惑)メールが大量に送られていたことが14日、分かった。衆院関係者によると、被害は同日現在で、現職閣僚を含む複数の議員事務所で確認され、数万通単位の受信があった。

(中略)
ある自民党議員の事務所では、13日午後6時半ごろから中国語のメールが届き始めた。3連休明けの14日に出勤した秘書が気付いた後もメールは続き、同日正午過ぎには5万1千通を超えた。

産経新聞

なんというでしょうか。とても地味な嫌がらせとみることができます。いくらスパムメールのフィルターをかけようとしても受信箱に入るメールもあるので、処理にとても時間がかかってしまいます。

この動画を見てみると足立議員に対して中国側からのスパムメール攻撃がなされていたということがわかります。

この件で蓮舫の件が怪しいとみることが出来るのではないでしょうか。蓮舫が中国と関係を持っていることは明らかとなっております。

このタイミングで蓮舫のメールボックスを見てみたいなと思います。

どのようになっているでしょうか。これは容易にわかります。中国からのスパム攻撃はほとんどなくてメール内には一般的なメール内容となっているでしょう。

いや中国からの指令なるものが存在するかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加