真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

中国が東シナ海のガス田で何かしていると日本が強く抗議。中国ネットの反応は!?



2017年8月2日、中国メディアの環境時報が東シナ会におけるガス田開発をめぐる問題で、日本が中国に抗議したと伝えました。

日本政府が7月31日に東シナ海の日中中間線で、中国が移動式の掘削船を停泊させて何らかの作業をしていることを確認したそうです。岸田外務大臣は外交ルートを通して中国側に抗議しました。

日本のメディアによると、中国側がガスの発掘だけではなくてガス田掘削施設にヘリポートや小型のレーダーを設置しており、軍事的な用途に使用するとの懸念があるといいます。

東シナ海におけるガス田開発に関して程永華(チョン・ヨンホア)駐日大使は、中国側政府は日中中間線を認めてはおらず、しかも中国はこの中間線は西側え作業しているために、中国管轄の海域で開発していると指摘しています。また中国外交部も問題とはなっていないと中国管轄の海域で開発しているといいます。

これに対して、中国のネットユーザーから「抗議されるってすごくいい感じ」「日本が抗議するところを見るのが好き」などとコメントが寄せられてます。これは、中国も何かつけて抗議ばかりすることを揶揄していると思われますが真意はよくわかりません。

また、「日本の管轄地域じゃないのに何で抗議するんだ?」「人から抗議されるってこういう感じなんだな。まさに抗議に意味なし」「抗議は無効です。引き続き開発します」などの意見もあり、多くのネットユーザーが日本から抗議される意味が分からないと思っているようです。

最近では尖閣諸島などでもドローン兵器などを飛ばしているために緩和な軍事的な挑発を日本だけでなくて台湾やアメリカなどにも行っています。

これからも引き続き中国には厳重注意すべきだと思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加