真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

蓮舫の戸籍謄本開示を差別だとかいう偽善者。


最近また蓮舫の二重国籍問題についてメディアやネット上で話題になっています。しかしなぜか戸籍謄本開示を差別だとか蓮舫が言い出しました。これにつづけて三流左翼学者の山口二郎や菅野完などが差別だとか騒ぎだしています。

いやいや何が差別?とか言い出したくなります。これを差別だとか言い出している側は左翼リベラル側でしょう。有田ヨシフも蓮舫の戸籍謄本開示を差別だとかいっていますがこの人は橋下徹の疑惑の時にはむしろ橋下を擁護せずにメディアなどと一緒に騒ぎ立てて橋下を攻撃していたではないか。

そんなに人格派なら橋下の疑惑も擁護しておけよと思います。私自身は蓮舫の戸籍問題は結構どうでもいいことなのです。これはたぶん蓮舫が党首になったことで民進党がかなり支持率を落としたことで民進党幹部がそれを危惧して蓮舫をどうにかしておろそうとしたものでありいわゆる内ゲバだと思っています。

実際いうと蓮舫の戸籍問題も森友や加計問題と同じぐらいどうでもいいことでそんなことやらず国のためになにか考えてやってほしいというのが個人的な感想です。

でもこの問題を差別だとかいう連中は頭がイカレテいるんではないかと思います。なにが差別なのかよくわからないですし、ただ二重国籍をうやむやにしていた蓮舫側が一番悪いのになぜか差別だとかいう自称左翼リベラル派の主張にはさすがに納得がいかないです。人格派だとか言っていますがなにが人格派だ。善人ぶっているだけで偽善者である。

安倍首相の加計問題をそんなに騒ぎだてるなら蓮舫の戸籍問題も騒ぎ立てなければいけない。安倍首相だけが疑惑を責められるのはおかしい。疑惑があるなら全員平等に追及すべきだと思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加