真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

沖縄に中国人が増加!? 「帰らない」中国人。 現在の沖縄は将来の日本の可能性も


沖縄では中国人が増えているそうです。EUの首都でもある古き良きベルギーのブリュッセルが、20年もたたないうちにイスラム移民の街になり、「ベルギスタン」と呼ばれるようになったのを想起せずにはいられません。那覇も中国系の中期滞在者が増えており、その問題の一つが、クルーズ船で那覇にきて、なぜか入港前の人数と出港時の人数に違いが出ている現状にあります。つまり船に帰ってこない「観光客」が想像以上に多くいるのです。

すでに運用サービスの問題が多く噴出しており、サービス面で、悪い意味での「沖縄らしさ」がいつまでもなくならないそうです。中国の免許証で日本国内を運転することができない法制度になっているにも関わらず「ジュネーブ条約違反」、実は中国人観光客の20%近くが沖縄本島でレンタカーを運転しており、事実上無法状態が続いているようです。このあたりでも「スロー」な「沖縄らしさ」が見え隠れていますし厳しい中国本土から来る人たちにとっては、これほど「ゆるい」沖縄は天国に見えるようです。

中国人にとって沖縄観光の魅力は、気候や美しい海、そして買い物や食事よりどうやら「ゆるさ」だそうです。
安価に訪れることができて無免許で運転して戻らなければならない船に乗らなくても「なんくるないさー」といえば滞在できる素晴らしい場所。そんな街は、世界で唯一那覇だけのようです。

現在の日本では中国人に限らずに外国人が増えています。安倍政権により中国人緩和ビザなども発行されているのでこれから沖縄に限らず中国人はどんどん日本に増えていくと思います。現在がまだ沖縄だけですが現在の沖縄が将来の日本になるといっても過言ではないのかもしれません。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加