真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

加計疑獄はあまりにもメディアが偏向している。


現在、加計学園の学部新設で安倍首相が関わっていたという疑惑でかなりメディアなど様々なところで安倍政権はバッシングを受けている状況です。こういった問題で政権を批判するのは別に良い。しかしメディアに公平性があまり見られない。朝日新聞や毎日新聞では安倍政権をこの話題で叩きのめそうと考えているのでしょう。ひるおびで行っていた加計学園の件ではあまりにもひどかったです。

加計文書を小学生でもわかるように要点をまとめて書いてみます。

加計が獣医学部の既得権益をぶっ壊す構想
 ↓
今治が乗っかって補助金出して大学誘致しようとする
 ↓
獣医学部新設はダメと拒否される
 ↓
ならば特区だ、と10年以上がんばる
 ↓
特区制度変更で獣医学部新設の特区が通る
 ↓
京産大が獣医学部増やしていいならうちも増やしたいと乗っかる
 ↓
これは特区案件だからと拒否られる
 ↓
京都にお願いして補助金無しの自腹で既存に増設するから特区申請してもらう
 ↓
両方認めるかどうするかの問題になった所に、獣医師会から増やしすぎるのは困ると注文が入る
 ↓
今治は確定の方向で進んでいたため京都を無理やり落とす形で1か所に
 ↓
今治のみが確定して、今治が獣医学部新設をしたい大学を募集
 ↓
加計は当初の予定通り手を上げる
 ↓
京産大は補助金もらったとしても新設じゃ運営できないと判断して断念
 ↓
加計で決定、準備万端だったので即工事開始
 ↓
色んな既得権益の関係者から文科省に圧力がかかって手続きで駄々をこね始める
 ↓
内閣府が決まったことはさっさとやれと圧力をかける

こんな感じだと思います。ぶっちゃけいって加計学園の疑獄なんてどうでもいいと思っている人も多いのではないでしょうか。前川の件もありますが前川のようなヘロヘロ弾では安倍政権は倒せないでしょう。

安倍政権の政治にも問題があるのはそうですが、それを批判するほうもひどい。朝日新聞と毎日は安倍政権を批判するだけ。野党側もあまりにも幼稚なことしかできないしこういったあまりどうでもいいことで騒ぐ。

森友学園や加計学園なんかよりもやることは日本にはたくさんあるだろうと思います。それとメディアは安倍政権をどうにか打倒しようと印象操作を行っているようにしか見えない。

日本のメディアはあまりにレベルが低いとしか思えません。安倍政権を批判する野党もメディアも低レベルだということでしょう。それとメディアの役割は偏向報道ではないということをわかってもらいたいものです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加