真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

木村草太は低級憲法学者である


最近話題となっている憲法学者がいます。それは木村草太という憲法学者です。安保法制反対や自民党の憲法改正に反対している護憲派の憲法学者です。一見彼は知的な感じのする憲法学者であります。でも私は低レベルの憲法学者だとしか言わざるを得ない。

なぜそのよう断言できるのか。彼は幣原喜重郎が憲法9条を起案したから日本国憲法が自主憲法だったという軽薄な発言をかつてしています。彼は大日本帝国が負けてからGHQ統治で日本は殆ど何もすることができずにGHQ主導で新聞やラジオなどが検閲が行われていたことを知らないようだ。これは陰謀論ではなくて江藤淳閉された言語空間―占領軍の検閲と戦後日本 (文春文庫)を読めば明らかになっています。




↑が江藤淳の閉された言語空間という本です。

この本によると日本国憲法はやはりGHQが裏で画策して作ったものと書かれています。GHQが作ったものとわからないように幣原喜重郎名義で日本国憲法を発布したということです。江藤淳のこの本は実際にアメリカに行って研究所で調べたものですからかなり信憑性の高いものだと思います。

日本国憲法は良い悪いべつにして日本が主導したものではなくてアメリカ、GHQ主導で作られた憲法ということです。彼はそんなことも知らずに日本国憲法は幣原喜重郎が作ったという発言をしている。しかもGHQが作ったものだとか言っている人は思考停止しているなどと発言をしています。どちらが思考停止しているのかは明らかに木村草太です。彼は共謀罪で「テロ対策だからこの法律に賛成したという有権者の人は、ぜひ本当に自分が発言した資格があったのか、きちんと考えてほしいと思いますね」などと発言をしています。

木村草太がそんなことを言える立場なのだろうか。彼は先ほど述べたように日本国憲法が幣原喜重郎が憲法9条を起草したから日本国憲法が自主憲法だとか軽薄なことを言う張本人の一人木村草太こそが、ぜひ本当に自分自身に発言資格があったかどうかをきちんと考えてもらいたいです。

憲法制定権力が日本国民にあったなどと、本気で思っているのならばCarlSchmitをまともに通過していおらず正しく読んでもない国際低級ランキングな憲法学者だと思いますね。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加