真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

日本にはどんどん外国人が増えている

安倍政権になってから日本人は外国人というのは増えています。なぜなら安倍政権が移民を「外国人労働者」といって国民をだましてから移民を増やしているからです。名称は違いますが移民政策とみても間違っていはいないでしょう。

安倍政権になってから移民は増え続けています。それはデータですでに表れています。
外国人は労働者は民主党時代よりも圧倒的に増え続けているのです。そして現在の日本は日本の底辺労働者は外国人労働者が担っています。このこと気が付いていない人が多くいるのではないでしょうか。しかしこの労働者たちは日本でひどい待遇を受けています。「実習」という名のもとに低賃金・重労働の仕事に就き、しかも残業代の未払いやパスポートの取り上げといったような人権侵害を受けています

しかし出稼ぎ労働者の留学生たちがおかれた状況の方が、実習生よりもひどいと思います。彼らは多額の借金を背負い入国して実習生もやらない徹夜の重労働者に明け暮れる。そうして稼いだアルバイト代は、留学生の日本語学校などに吸い上げられる。

現在、日本の最底辺の仕事に就き、最も悲惨な暮らしを強いられている外国人は、出稼ぎ目的の偽装留学生と断定できるでしょう。

新聞配達などの仕事で日本人の働き手の減少を補っているのがベトナムをはじめとする途上国の留学生なのです。

日本の労働環境のひどさは世界でも有名です。日本に外国人労働者として来た外国人はびっくりするでしょう。

移民でヨーロッパは治安悪化など深刻な問題となっているのを知らないのか。ちょっとでも国際ニュースを見ればすぐにわかることではないか。

これからは人工知能やロボットの時代なのに、今の経団連や安倍政権、自民党も相当なアンポンタンな連中だということがわかる。

国の根幹を破壊するものだということがなぜわからないのか。移民を受け入れるのではなくて人工知能とロボットを積極的にとりいれてロボットと人工知能社会に日本が先だてて目指すべきです。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加