真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

日本はAIを積極的に取り入れるべきだ。

最近ではAIが注目を浴びているのではないでしょうか。AI家電などテレビのニュースでも結構取り上げられています。日本では少子高齢化が深刻な問題となっています。これまでの政治家がなんの対策もしてこなかったというのはかなりの責任があることだとは思っています。評論家などが少子高齢化対策が必要であり子供をどうにか増やそうとする努力が必要だといっています。しかし今更少子高齢化の対策をしてももう遅すぎると思います。

それと中途半端にやるならあまりしなくてはいいのではないだろうかと思っております。現在の日本には人工知能やロボットなどの救世主があります。

AIとは知らない人はあまりいないと思いますが人工知能のことです。少し人工知能の説明をしていこうと思います。

人工知能とは、人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム。

具体的には、人間の使う自然言語を理解したり、論理的な推論を行ったり、経験から学習したりするコンピュータプログラムなどのことをいう。

人工知能の応用例としては、専門家の問題解決技法を模倣するエキスパートシステムや、翻訳を自動的に行う機械翻訳システム、画像や音声の意味を理解する画像理解システム、音声理解システムなどがある。

人工知能を記述するのに適したプログラミング言語としてLispやPrologなどが知られている。 / 参照

参照を見てもあまりわからないという人は多いかもしれません。しかも現段階では人工知能について厳密な定義というのはまだ定まっていません。というのも人工知能研究社や研究機関によってその解釈や認識に多少のずれが生じるでしょう。その中でも、人工知能に関する名著「人工知能は人間を超えるか ディープラーニングの先にあるもの」の著者である松尾氏の言葉を借りてわかりやすく定義すると、人工的に作られた人間のような知能。このようになるのではないでしょうか。

人工知能やロボットで雇用が失われるのではないだろうかと心配している日本人も多いのではないでしょうか。しかし日本はもう人工知能やロボットにしか頼ることはできないのです(笑)

人工知能とロボットがなかったら日本はどうにもならなかった可能性だってあります。人工知能やロボットによって単純作業をやってくれます。日本での労働力不足はこれでどうにか補えるのではないでしょうか。逆にロボットと人工知能に感謝すべきなのであります。

このように述べたように日本は人工知能を徹底的に活用していく必要があると思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加