真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

我が闘争と教育勅語のテキスト使用について


我が闘争と教育勅語のテキスト資料を教材を政府が認めるとの政府答弁を批判されていました。私はなぜこのように批判されているのかが分かりません。「教育勅語」と「我が闘争」を区別にして論じていこうと思います。実際の政府答弁は、民進党の議員が「我が闘争を批判的な視点や歴史的事実として紹介する場合以外でも、この書物の一部を抜粋して道徳や国語の教材として用いることは、否定されないのか」と質問したものに答えたものです。

〈政府は14日の持ち回り閣議で、ナチス・ドイツの独裁者ヒトラーの自伝的著書「わが闘争」の教材使用について、「教育基本法等の趣旨に従っていること等の留意事項を踏まえた有益適切なものである限り、校長や学校設置者の責任と判断で使用できる」とする答弁書を決定した〉

 これは4月14日に配信された原稿の前半部分です。後半部分は、次のようになっています。

〈答弁書では、「同書の一部を引用した教材を使用して、執筆当時の歴史的な背景を考察させる授業が行われている例がある」と紹介。その上で、「仮に人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、不適切であることは明らかだ」と指摘し、そうした指導があった場合は「所轄庁や設置者において厳正に対処すべきものだ」としている〉

 全部を読めば政府答弁の趣旨は明らかなのですが、前段部分だけだと、政府が『我が闘争』を容認しているかのように読めてしまいます。この解釈がツイートなどで一人歩きしてしまったようです。『我が闘争』の扱いに関して、政府はびっくりするようなことは言っていないのです。あなたの言う通りです。

 さらに、政府がわざわざ閣議決定したわけではありません。国会議員が「質問主意書」という形で出した質問には必ず閣議決定した答弁を出さなければならなかったので、この答弁が出てきたのです。

これによって批判している連中というのはきちんとニュースを読まずに批判しているのでしょう。というか「我が闘争」は歴史にかなりの影響を与えた書物ですからどのような人物でも読む必要はあるのではないだろうか。

最近ではネオナチという排外主義者がヨーロッパやロシアでも表れています。ネオナチはヒトラーを崇拝しているような人物たちです。なぜそのような集団が出てきたのかは排外主義者であったヒトラーの「我が闘争」を読めばわかると思います。ネオナチは国家社会主義ではないので多少の違いはありますが。

私もこの期に「我が闘争」を買ってみました。世界で排外主義的なムードが漂っている中で読むべき一冊なのではないだろうか。

次は教育勅語について述べていこうと思います。

これが教育における唯一の根本として位置付けられていた戦前の教育において用いられていたような形で、教育に用いることは不適切であると考えていると政府の答弁書では述べています。

つまり、教育勅語は歴史的文書として扱えという意味でしょう。最初から政府もこのように述べていたら疑いはなかったのかもしれません。森友学園のように幼稚園児に暗唱させずに、自分の頭で判断できるようになった段階で歴史的意味を考える材料として扱えばいいのです。

私は教育勅語についてはあまり知らないのですが何事も批判する自称左翼やリベラルもどうかとも思います。彼らは安倍首相や保守派などに反知性だとか言っていますが自称左翼やリベラルなどもそうじゃないかと思います。

教育勅語は大日本帝国では根本となったものですから歴史資料として扱う必要は十分にあると思います。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加