真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

安倍首相が地方大学の強化を。

安倍首相が教育の改革を提唱しています。地方大学の強化が必要だとい言っています。第一に、実務能力のある教員を思いっきり増やし第二に、大学の経営層に地方経済学の人材を登用し、ガバナンス改革を試みる。民間出身者が大学経営に参画すろことで大学教育が就職に結びつくということです。

私としても日本は教育改革が必要だと思います。日教組をつぶす必要もあると思います。そこでこれから私自身の教育改革案を少し書いていこうと思います。

文系と理系の区別をなくす

なぜこのようなことをいうかというとこれからの社会は理系と文系の両方の知識が必要だと思うからです。かつては文系の知識だけでもやっていけたかもしれませんが、現在は理系の知識も必要となっています。一番はIT系の知識が必要なのではないかと思います。これから人工知能やIOT、ロボットなどが活躍する時代となります。これらの知識が最低限必要となる時代もそう遠くない未来だと思います。

Apple創業者のスティーブジョブズの発言でも文系と理系の交差点が必要だといっていますし、microsoftのビルゲイツもハーバード大学で法学を学んでおり、法学の豊富な知識とプログラミングの知識によって成功しています。

アメリカでは文系でも理系の科目を取れたり、理系でも文系の科目を取れたりします。テスラ創業者のイーロンマスクも物理学と政治経済の博士号を取れたりしています。

なので文系と理系の障壁を取り払うことが必要なのではないかと思います。

思考力を鍛える学習法

日本ではまだ暗記中心の教育が行われていますがこれはもう無駄です。これからは単純作業はロボットや人工知能がする時代なのでしかもインターネットですぐに検索して情報を得ることは簡単です。それなので時間の無駄でしかなりえないと思います。

カナダやシンガポールやアメリカでも現在は自分の頭で考えるという教育が主に行われてます。それなので日本もアメリカやカナダなどの教育を模倣する必要があります。

このように簡潔に述べてみました。やはり一番大切なのは教育だと思います。早急に改革する必要があると思われます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加