真実を解き明かす

GHQ、WGIP、日本の歴史や時事ニュースなどを取り上げていこうと思います。

民進党がまたブーメラン!! 加計学園に関与していた

最近話題になっている加計学園の件ですがなんと以前に民進党も関与していたといいます。もともとは安倍首相の友人が理事長を務める学校法人「加計学園」(岡山県)が国家戦略特区に獣医学部を新設する計画をめぐる文書が注目されていたのであります。民進党は、内閣府が早期実現を迫ったか否かについて徹底追及していました。だが同党の若手議員も国会などで楽部新設を要求していたそうです。これこそ本当のブーメランなんじゃないでしょうか。

高井氏は自身のホームページにも、「(獣医学部新設は)地元の岡山理科大学が力を入れており、『これは何としても実現して欲しい』と(中略)石破大臣に強くお願いした。前向きな答弁を引き出すことができました」と書き込んでいたそうです。

 高井氏は東大経卒業後、総務省に勤務し、江田五月元参院議長の秘書を経て、09年8月の衆院選で旧民主党から出馬し、初当選した。当選2回で、政策通として知られる。昨年4月、加計学園が運営する岡山理科大の入学式に、江田氏とともに来賓として出席していていました。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170520/plt1705201530002-n2.htm

民進党は、17日に「加計疑獄調査チーム」を設置していましたが自党の議員も調査するのでしょうか。いやしそうにないですね。自民党を自分たちの都合のいいようにこの疑獄を利用して追及するのでしょう。

民進党は、いつも具体的な政策などを持たずに自民党を追求しています。民主政治だから批判したりするのも大事でしょう。しかしただ適当に批判すればいいというわけではありません。そのために民進党は支持率をずっと落としているのでしょう。民進党は今のスタイルを変えない限り支持されることはないでしょう。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加